四季の草花

 580-zzz-900-panchlighting DSCF3286 (1)

名前は知らなくてもどこかで出会ったことがある。
見たことがある。

今回は「大人のアトリエ」から
そんな野の花や実をえがいた作品をご紹介します。

400-500-x-DSCF3286 (1)

摘んだことがある。なつかしいなぁ。

多くの人がそんな経験をおもちでしょう。
四つ葉だったときのうれしさ。

   この花は「見つける」がもっとも正しい求めかた。
そう言い切ってもいいような気がします。

都会にすんでいると
花屋でしか手にはいらないものがほとんどですが、
ときどきおやっと思うようなものがならんでいたりします。

これなどもそのひとつ、
生け花の素材や画材用だそうです。

550-739-DSCF3285.jpg

実だけではなく
動きのあるツルと葉にも人気があります。

この絵でもそれを的確にとらえています。

450-609-772-.jpg

でも花屋なら何でも売っているわけではありません。

この花など清楚な美しさがあるのに
店頭には出てきません。
ネーミングのせいでしょうか。

でもいちどでも手でふれたことがあれば
だれもが納得することでしょう。

378-400-480-DSCF3286 (1)

目線の低い小さな子どものほうが先にみつけてしまう。
そんな草花もあります。

480-xyyyycxc-lighting DSCF3286 (1)

どうしてこんなにねじれているの?
だれでもがふと口にしたくなる疑問。

570-lighting DSCF3286 (1)

どうして父と子ではないのか、
そんなことをいってもはじまりません。

300-lighting DSCF3286 (1)

たしかにチチコグサでは発音がしにくい。

草の花の名前には
その植物にふさわしい
むかしの人々の思いがこもっています。


480-kokolighting DSCF3286 (1)-01

この絵では左はしと右はしの植物が
はみだしてとぎれています。
500-xsxslighting DSCF3286 (1) 
左右の端を切り取ってそのままならべてみました。

380-momoタイトルなし

まるで一対の掛け軸のよう。

ここからわかるのは
空間に対するアプローチが日本画的であること。

奥ゆきではなく平面。
省略することの美しさ。

作者は押し花をするときのようなやさしさで
ひとつひとつの植物をていねいに
えがきわけました。

ミツバアケビ・ドクダミ・ネジバナ・ハハコグサ・シロツメグサ
ヘビイチゴ・ヤブヘビイチゴ・ハコベ・スイバ・ヤマゴボウ


580-zzz-0-lighting DSCF3286 (1)

懐かしいものに出会えた。
そう感じていただけたら
作者もえがいたかいがあります。

忘れていたものを思い出させてくれるおだやかで
とてもいい作品になりました。

二つのランキングに参加しています。
クリックで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


170-200-nnkai無題


スポンサーサイト



テーマ : 絵画教室・制作日誌
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
アトリエ10美術研究所

アトリエ10

Author:アトリエ10

幼稚園生・小学生・
中学生などが対象の
こども美術塾です。

東京都文京区

最新の記事
アトリエ10美術研究所 ホームページ
月の美しい夜にはファッションショー
オルゴールからうまれた恋
ゆれてる、ゆれてる、地震みたい!
窓をあければフラミンゴがみえる
毛糸玉にふれるよろこび 
春はもうそこまで
アトリエ10 ご案内
作品アルバム 2
10秒ごとにかわります。
作品アルバム 1
10秒ごとにかわります
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ランキングに参加。よろしかったらクリックをおねがいします!
ブログ村のランキングに参加しています。 クリックをしていただくとはげみになります。      ↓
カテゴリ
ブログ村に参加しています
人気ブログランキング
絵画.美術教室 検索
検索フォーム
QRコード
QR