夜の海とまひるの公園

570-0-DSCF3191.jpg

まんなかでしきられているので、
ふたつにたたむことができそうです。

ひらいてみると
左には夜の海、右には、まひるの公園。

このふたつの絵には、
共通したものがえがかれています。

作者は小学6年生の女の子。

青い空にむくむくとわきあがる入道雲。 

ひかげがないので
人のすがたはまったく見当たりません。

350-0-DSCF3191.jpg

耳をすませば
かすかに水のながれる音。

そんな音があるからこそ
わかるしずけさ。

蝶々がいっぴき、
ふんすいの水とたわむれています。

300-400-615-0-DSCF3191.jpg

こちらは

星あかりのある夜の海。

遠くで、なにかがはねる音がする。
な、なに?

507-540-0-DSCF3191.jpg

白いイルカがしぶきをあげて
空中にまいあがりました。

けれどもそれも一瞬のこと、
また夜の海はそれまでのしずけさにもどっていく。

音があることではじめて気がつく
海のしずけさ。

作者は絵のなかに
しずけさという音の世界をつくり、
そこに詩(ポエジー)につうじる美しさを
見いだしました。

400-540-0-DSCF3191.jpg

ふたつの絵はかたちのうえでも
対(つい)になっていることを
作者はそれとなく表現しています。

480-DSCF3189.jpg

少年少女世界の美術館より 司馬遼太郎

少年や少女たちが、
その年齢のときから美しいものにあこがれ、
何が美しく、何が嫌悪すべきものであるかを身につけなければ、
きっと醜悪なものの中で
平然としている人生を送るにちがいない。

美の訓練は、
智恵のできた大人になってからでは遅いらしい。

120-120-DSCF3191.jpg

しずけさをかんじるということは
時間を感じるということ。

これは人間だけがもつ能力です。

この一枚の絵からでも
作者の個性的で、文学的なもののとらえかたを
みることができます。

そこにあるものをえがくのではなく、
そこにあってほしいものをえがく。

だいたんな着想をさりげなくさしだし、
表現のおもしろさを感じさせる
とてもいい作品になりました。

570-last one-942-aaa-xxx-942-DSCF3191

ランキングに参加しています。
クリックで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 絵画教室・制作日誌
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
アトリエ10美術研究所

アトリエ10

Author:アトリエ10

幼稚園生・小学生・
中学生などが対象の
こども美術塾です。

東京都文京区

最新の記事
アトリエ10美術研究所 ホームページ
雪がふればいいなぁ! テディベアのゆめ。
たいちょー、まいごになったようです。くるみわり人形
わたしのために踊ってくれるの?
四季の草花
英語ではメリーゴーランド、フランス語ではカルーセル
エゴン・シーレを摸写する ゴッホを模写する
アトリエ10 ご案内
作品アルバム 2
10秒ごとにかわります。
作品アルバム 1
10秒ごとにかわります
カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキングに参加。よろしかったらクリックをおねがいします!
ブログ村のランキングに参加しています。 クリックをしていただくとはげみになります。      ↓
カテゴリ
ブログ村に参加しています
人気ブログランキング
絵画.美術教室 検索
検索フォーム
QRコード
QR