ハロウィンパーティの夜

おどかされるより、
おどかすほうがだんぜん楽しい。

ぼくにもやらせてー!

おばけになりたい人があつまって
ハロウィンパーティです。


作者は小学5年生の女の子。油彩。

550-xx-550-673a.jpg

おばけだぞぉー。

もう、びっくりさせないでよ。
足がでているじゃないの、
〇〇くんでしょ。

236-koc673a.jpg

ワッハッハー。
わしにはこんなにかわいい
手下どもがいるぞー!

434-f25f8c838.jpg

わたしにだって
こんなにちから強いみかたが
いるんですからね。

413-f25ec673a.jpg

そろそろきねんさつえいなんてどうでしょう?
さんせーい、さんせーい!

さあ、ならんで、ならんで。

写真をとるとき
チーズっていったりするけど
ぼくたちはどうなの?

そんなの、オバケーにきまってるでしょ。
こうやって両手をつきだして。
でもなんだか
バンザイしているみたい。

そうだよ、
バンザイのほうがぜったいおもしろい。

400-rt_5245f25ec673a.jpg

司馬遼太郎さんは
『少年少女世界の美術館』のなかで
子どもたちのためにこんな文章を寄せています。

 
少年や少女たちが、
その年齢のときから美しいものにあこがれ、
何が美しく、何が嫌悪すべきものであるかを身につけなければ、
きっと醜悪なものの中で
平然としている人生を送るにちがいない。
美の訓練は、
智恵のできた大人になってからでは遅いらしい。


116-img_1571349734.jpg

楽しいことをもっと楽しくするには
どうすればいいのか。

そんなふうに考えるのはとても楽しい。

その楽しさがそのままつたわってくる
すてきなハロウィンパーティの絵になりました。

570-570-xxx-570-0.jpg

二つのランキングに参加しています。
クリックで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 絵画教室・制作日誌
ジャンル : 学問・文化・芸術

たのしい夏の夜

600-3x無題

夏の夜ってなんだか楽しい。
どうしてかなぁ。

作者は小学五年生の女の 子。油絵。

夏の夜が五感(目、耳、鼻、口、ひふ)にあたえてくれる楽しさ。
それがこの絵のテーマです。

わーっ、きれい。

花火は目で楽しむとどうじに、
その音でも楽しませてくれます。(目、耳)

550-hanabi無題

汗をかきながらたべるのに
すいかほどふさわしいものはありません。


赤、みどり、黒というはでな色は
まさに夏のくだもの。

あじわうのはもちろんのこと
すいかには独特のにおいもあります。(目、口、鼻)。

300-img_1561683566_20210806190952bc6.jpg

気がつきました? ほたるです。
かすかなあかりを目でおってください。(目)

まさか食べたことがある人はいないと思いますが、
そおっとさわってみたことのある人は
いるかもしれません。(ひふ)

450-img_1561683970.jpg

風鈴はうごきと音で、
わたしたちの目と耳をたのしませてくれます。(目、耳)

うちわはやわらかい風で
暑さを一瞬、わすれさせてくれます。(ひふ)

むかしの人は今のわたしたち以上に
夏の五感を楽しんでいたにちがいありません。

350-無題

司馬遼太郎さんは
『少年少女世界の美術館』のなかで
子どもたちのためにこんな文章を寄せています。

 
少年や少女たちが、
その年齢のときから美しいものにあこがれ、
何が美しく、何が嫌悪すべきものであるかを身につけなければ、
きっと醜悪なものの中で
平然としている人生を送るにちがいない。
美の訓練は、
智恵のできた大人になってからでは遅いらしい。


120-無題

絵のなかの白い帯のようなものは銀河です。
そのむこうには宇宙がひろがっています。

広大な宇宙だけは直接、五感で
感じることはできません。
でもそれがあるということがわかるのは
ふしぎですね。

夏がくるたびに思い出したくなる
とても楽しい絵になりました。

560-world-無題

二つのランキングに参加しています。
クリックで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


170-200-nnkai無題

続きを読む

テーマ : 絵画教室・制作日誌
ジャンル : 学問・文化・芸術

えがおのおひなさま

570-965xx-x-0-0-last0004.jpg

フフフでも、へへへでもありません。
この笑いはハハハです。

笑っているおひなさまって
とってもチャーミング。

作者は小学5年生の女の子。油彩。

たしかにこの顔をみていると
つい、
つられて、笑ってしまいそう。

450-500-0-0-last0004.jpg
 
油絵なので何週間もかかりました。

今日はここまでと筆をおいて、
それじゃあまたね、とあいさつして帰る。

次にアトリエにきたとき
顔が笑っていなかったらどうしよう。

でもそんなことは一度もありませんでした。

380-0-0-last0004.jpg

笑いには、苦笑い(にがわらい)や
薄笑い(うすわらい)といった
こまったわらいもあります。

でもこのおひなさまの笑いには、
そんなものをけとばすような
明るい、おおらかさがあります。

作者は自分のなかにそれをみつけ、
絵に投影したのでしょう。

350-649-570-0-0-last0004.jpg

こまかいところまで
しっかりえがきわけました。

200-01-0-0-last0004.jpg 200-02-0-0-last0004.jpg
200-04-0-0-last0004.jpg 200-06-0-0-last0004.jpg

毎年のひなまつりには、
ぜひこの絵をかざって、
おひなさまと再会してください。

この絵のなかのような
おおらかな笑いで一年をすごしました。

そう思えなかったら

この絵をえがいたころの自分を
思い出してみましょう。


100-0-0-last0004.jpg

少年少女世界の美術館より 司馬遼太郎

少年や少女たちが、
その年齢のときから美しいものにあこがれ、
何が美しく、何が嫌悪すべきものであるかを身につけなければ、
きっと醜悪なものの中で
平然としている人生を送るにちがいない。

美の訓練は、
智恵のできた大人になってからでは遅いらしい。

100-10-0-last0004.jpg

油絵は時間がかかりますが、
その時間のなかで
自分が知らなかった自分を発見することがあります。

 この明るくておおらかな笑顔は
作者自身のなかにあったもの。
それをおひなさまが気づかせてくれました。

思わずその笑いにこたえたくなるような
とても楽しい絵になりました。

570-aa-xxxx-570-0-0-last0004.jpg

ランキングに参加しています。
クリックで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


テーマ : 絵画教室・制作日誌
ジャンル : 学問・文化・芸術

リアルではないというおもしろさ 

500-520-570-1039-899-0-DSCF3397.jpg


ほんものそっくり(リアル)ばかりが絵ではありません。
ほんものそっくりではないというふしぎ。

だったらそれはニセモノ?

そう言いきっていいのなら
はなしはかんたんなのですが・・。

作者は小学6年生の女の子。油彩。

もううんざりだ。
こんなどうぶつがいないというなら
そのしょうこをみせてくれ。

400-500-0-DSCF3397.jpg

作者ではありません。
このいきものがそう主張しています。

作者のあたまのなかにいるだけなんていったら
作者に失礼だ。


350-0-DSCF3397.jpg

このいきものがそうさけんでいます。

このどうぶつたちは
じっさいにいるのか(リアル)、
それとも頭のなかだけでつくりあげたものなのか(アンリアル )。


350-450-620-0-DSCF3397.jpg

メキシコのオアハカでつくられるこうした木のどうぶつは、
幻想的な色彩やかたちで

アトリエ10のこどもたちにも人気があります。

450-0-net-03.jpg

作者はそうした幻想のどうぶつと
そうではないものを
おなじ平面で
おなじ筆のタッチでえがいています。


たとえば背景。

土にはでこぼこがあったり
木の根っこや背の低い植物があって、
南の国の乾燥した風土をかんじさせます。(リアル)

450-899-0-DSCF3397.jpg

トラとウサギはどうでしょう。

トラにまゆげがあるなんて・・
みたことがないのでアンリアル。

ウサギはわたしたちが知っているすがたなので
想像上の動物ではないからリアル。

400-650-899-0-DSCF3397.jpg

このふたつが対角線上で
リアルなものとアンリアルなものをはさみこんでいる。

最初に目にしたときに
あれっ!
と思ってしまうのはそのせいです。
この意外性に作者はおもしろさを
みつけだしました。

常識的な考えでかたまっていると
この絵のおもしろさはすぐにはわかりません。

低学年のこどもほど
この絵のおもしろさを一瞬でみぬいてくれました。

100-150-DSCF3397.jpg

少年少女世界の美術館より 司馬遼太郎

少年や少女たちが、
その年齢のときから美しいものにあこがれ、
何が美しく、何が嫌悪すべきものであるかを身につけなければ、
きっと醜悪なものの中で
平然としている人生を送るにちがいない。

美の訓練は、
智恵のできた大人になってからでは遅いらしい。


100-0-DSCF3399.jpg

この絵をみていると
ほんものそっくりにえがけている!
と感動するだけが絵のみかたではない
ということがわかってきます。

作者にはもののとらえかたに
独特の感性があり
自分で自分の世界をひろげていくことのできる
ちからがあることを
この作品でもみせてくれました。

500-570-00-934-899-0-DSCF3397.jpg

二つのランキングに参加しています。
クリックで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


170-200-nnkai無題

テーマ : 絵画教室・制作日誌
ジャンル : 学問・文化・芸術

雨の日にふってくるもの

570-570-600-_DSCF0433.jpg

雨の日にふってくるものは
雨いがいにはないとおもうんですが。

ええ、わたしもそうおもいます。でも・・。

作者は小学5年生の女の子。油絵。

500-500-0-a-best-0433 (2)

女の子がふってくるなんてきいたことがないなぁ。
ストーンとおちてくるの?

いいえ、
ゆっくり、
ゆっくりだそうです。

293-0-a-best-0433 (2)

あっ、あれじゃないですか。

500-xx-350-250-0-0-_DSCF0433.jpg

夜空のようにぬりつぶした
キャンバス。

えのぐのつぶつぶが星空とはちがって
計算されてならべられています。

500-wall-0-0-_DSCF0433.jpg

色とかたちのバランスだけで
しずかで美しい作品をつくりたい。

なんどかぬりなおすうちに
めざす方向がはっきりと見えてきました。

いま目のまえにあるのは
横にひろがっている平面です。

女の子をえがきたすと、
平面はいきなりかべとなって
目のまえに垂直にひろがりました。


350-0ana-a-best-0433.jpg

①赤いレインコートだけで女の子とわかる。
②レインブーツをはかせただけで雨だとわかる。

こまかな雨粒、
ぬれはじめたビルのかべ。

それ以上の説明で
絵をみるひとの想像力をじゃましてはいけない。

このふしぎな絵のなかで
女の子の存在は
小さなポエジーをうみだしてくれるはずだ。

350-0-a-best-0433.jpg


少年少女世界の美術館より 司馬遼太郎

少年や少女たちが、
その年齢のときから美しいものにあこがれ、
何が美しく、何が嫌悪すべきものであるかを身につけなければ、
きっと醜悪なものの中で
平然としている人生を送るにちがいない。

美の訓練は、
智恵のできた大人になってからでは遅いらしい。

125-350-0ana-a-best-0433.jpg

油絵なので時間がかかりましたが、
それだけ自由に
絵とそれをみるひとの想像力について
考えることができました。

個性的な作者の
その個性がきれいに表現された
とても印象にのこる作品になりました。

570-zzz-600-_DSCF0433.jpg

二つのランキングに参加しています。
クリックで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


170-200-nnkai無題

テーマ : 絵画教室・制作日誌
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
アトリエ10美術研究所

アトリエ10

Author:アトリエ10

幼稚園生・小学生・
中学生などが対象の
こども美術塾です。

東京都文京区

最新の記事
アトリエ10美術研究所 ホームページ
月の美しい夜にはファッションショー
オルゴールからうまれた恋
ゆれてる、ゆれてる、地震みたい!
窓をあければフラミンゴがみえる
毛糸玉にふれるよろこび 
春はもうそこまで
アトリエ10 ご案内
作品アルバム 2
10秒ごとにかわります。
作品アルバム 1
10秒ごとにかわります
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ランキングに参加。よろしかったらクリックをおねがいします!
ブログ村のランキングに参加しています。 クリックをしていただくとはげみになります。      ↓
カテゴリ
ブログ村に参加しています
人気ブログランキング
絵画.美術教室 検索
検索フォーム
QRコード
QR